IDPCロゴ

茨城デザイン振興協議会(公募)

クリエイターである会員同士が様々な交流を通して自己を啓発・研鑽し、広く地域社会に貢献していくことを目的に、1993年に設立。人の力とデザインの力で創る新しい「何か」を検討しつつ、地域の産業や行政、教育の一助となることを目指している。芸術祭には、日本の原風景が残る大子町の山の暮らしとそこに住む人々をデザインし、地域の豊かさを紹介する試み「日渡の里プロジェクト[大子町]」で参加。ポスター展覧会、米づくりワークショップ、お土産のパッケージデザインなど、地域との複数の協働プロジェクトで構成された内容。ポスター展示は大子町上岡小学校にて行う。
【大子町】

出展作品

日渡の里プロジェクト 40人のクリエイターの40枚のポスター展「里山の人たちの暮らしがそこに在る。」

日渡の里プロジェクト 40人のクリエイターの40枚のポスター展「里山の人たちの暮らしがそこに在る。」

詳細を見る