Keiko KIMOTO

木本圭子

1958年広島県生まれ/東京都在住
多摩美術大学卒業。1980年代末から独学で数理的な手法による造形を始め、1990年代末からは、動的表現のために非線形システムを用いるなどの新しい手法を探求している。2003年に作品集『イマジナリー・ナンバーズ』(工作舎)を出版、「合原複雑数理モデルプロジェクト/ERATO/JST」(2005-2008)、「合原最先端数理モデルプロジェクト/FIRST/JST」(2010-2013)に参加。東京都現代美術館、ミラノサローネ・レクサス館をはじめ、国内外で作品発表を行う。2006年、第10回文化庁メディア芸術祭アート部門大賞受賞。芸術祭では、日立シビックセンターのプラネタリウムでの映像上映、大子町麗潤館では映像データを和紙に出力した作品を含むインスタレーションと、異なる表現の側面を2か所で見せる。
【日立市/大子町】

出展作品

velvet order(柔らかい秩序)2016 summer night

velvet order(柔らかい秩序)2016 summer night

詳細を見る

velvet order(柔らかい秩序)2016  autumn sunlight

velvet order(柔らかい秩序)2016 autumn sunlight

詳細を見る