LE Thua Tien

レ=トゥア・ティエン

1964年ベトナム生まれ/在住
コンセプチュアル・アーティスト。地域を基盤にしたアートプロジェクトなど多彩な実践を行う。自然素材を用い、人々の願いや環境問題について制作。彫刻作品の《Forest Memoir》(2014)、《Charcoal Lexus Project》(2014)では素材となる木炭を、社会・環境問題のメタファーとして使った。《The Origami Project》(2015)は2002年から継続するシリーズの最新作で、折り紙を個人的な「変形」の象徴として捉えるとともに、地域の人々に社会・環境問題への思考を促すものとして提示している。ベトナム、米国を中心に世界的に活動している。アーカスプロジェクト参加アーティストとして茨城県内に滞在(2003)。芸術祭では焼け焦げた枝が天井から吊り下げられ、その影がメッセージになる作品を発表する。

出展作品

森の記憶

森の記憶

詳細を見る