Nitipak SAMSEN

ニティパク・サムセン

1979年タイ生まれ/英国在住
日常の矛盾を遊びに満ちた精神で探求するニティパク・サムセンは、ユーザー、モノの相互のインタラクションに関わり、その活動はプログラミング、デバイス制作、映像など多岐に渡る。タイのシラパコーン大学で建築を学んだ後、ロンドンの王立美術大学(RCA)のデザイン・インタラクション専攻を卒業。現在はロンドンのインタラクション・デザインチームUmbrelliumで共同設立者兼デザイナーとして、公共空間のメディアアートやソーシャルプロジェクトに携わる。2011年「Future of Money Design Award」でファーストプライズを、スロヴェニアのデザイン・ビエンナーレBIO23で審査員賞を受賞。芸術祭では、初来日以来気になっていた海岸の消波ブロックをモチーフに作品を制作する。
【高萩市】

出展作品

テトラパッド

テトラパッド

詳細を見る