Rafaël ROZENDAAL

ラファエル・ローゼンダール

1980年オランダ生まれ/米国在住
インターネット・アートの代表的存在。シンプルな造形と動き、象徴的な色彩、遊び心に満ちたプログラム映像とインタラクションをウェブ上で発表しつづけており、世界中にファンを持つ。現代美術のみならず、デザイン、ファッション等、多くの分野のクリエイターとの交流があり、多彩なコラボレーションの経験を持つ。2015年のニューヨーク、タイムズ・スクエアの電光掲示板を使ったインスタレーションは特に有名だが、ヴェネツィア・ビエンナーレをはじめとする世界的な国際展への出品、またポンビドゥーセンター、アムステルダム・ステデリック・ミュージアム等、著名な美術館での展覧会歴も数多い。芸術祭では彼の映像が街中で繰り広げられるイベントを行う。
【全域】

出展作品

from here to there

from here to there

詳細を見る