Takashi ISHIDA

石田尚志

1972年東京生まれ/在住
画家、映像作家。多摩美術大学准教授。1990年より本格的に絵画制作、1992年頃より映像制作を始める。重ね描きや、消しては描く膨大なプロセスを静止画としてキャプチャーし、コマ撮りアニメのような「動く絵」や、それらを含んだインスタレーションを制作。「絵を描く」という行為における意識の変容や自動筆記的な側面を重視し、絵画の可能性を追求している。近年の個展に横浜美術館と沖縄県立博物館・美術館で開催した「石田尚志渦まく光Billowing Light: ISHIDA Takashi」(2015)。2007年五島記念文化賞美術新人賞受賞。芸術祭では旧自然休養村管理センターにある、自然光の入る明るい空間と暗い空間という2部屋の対比を生かしたアニメーションによる空間インスタレーションを実現する。
【常陸太田市】

出展作品

旧展示室

旧展示室

詳細を見る

関連コンテンツ