Tawatchai PUNTUSAWASDI

タワッシャイ・プンサワッ

1971年タイ生まれ/在住
数学や科学への強い関心に裏付けられた立体作品を制作。2002年から継続して発表されている歪んだ構造物のシリーズは特に有名。大きさも本物とは明らかに違う、傾斜した家やベンチは、世界を知覚する純粋な喜びを私たちに思い出させるとともに、哲学的でスピリチュアルな思索へと私たちをいざなう。ヴェネチア・ビエンナーレ(2003)、シドニー・ビエンナーレ(2006)、ジャカルタ・ビエンナーレ(2009)など、数々の国際的な展覧会に参加。また第15回シルパ・ビーヒラスィー・グラント(2015)、モリゾ財団グラント(2007)をはじめとした奨学金や受賞多数。1996年アーカスプロジェクト滞在アーティスト。芸術祭では、旧家和楽青少年の家にて屋外彫刻を展示する。
【常陸大宮市】

出展作品

イレギュラー・テトラヘドロン

イレギュラー・テトラヘドロン

詳細を見る