Tohru NAKAZAKI

Photo: NAITO Masako

中崎透

1976年茨城県生まれ/在住
美術家。現在、茨城県水戸市を拠点に活動。言葉やイメージといった共通認識の中に生じるズレをテーマに自然体でゆるやかな手法を使って、看板をモチーフとした作品をはじめ、パフォーマンス、映像、インスタレーションなど、形式を特定せず制作を展開している。展覧会多数。2006年末より「Nadegata Instant Party」を結成し、ユニットとしても活動。2007年、水戸に「遊戯室(中崎透+遠藤水城)」を設立し、運営に携わる。2011年より「プロジェクトFUKUSHIMA!」に参加、主に美術部門のディレクションを担当。芸術祭には市町村の統廃合により消えてしまった県北の地名を看板にしたインスタレーションを提案。昔から親しまれてきた土地の記憶を人々の心に蘇らせる。
【日立市】

出展作品

看板屋なかざき

看板屋なかざき

詳細を見る

関連コンテンツ