Yoichiro KAWAGUCHI

河口洋一郎

1952年鹿児島県生まれ/東京都在住
美術家、東京大学大学院教授。1975年より、自己増殖する造形理論「グロ―ス・モデル」で独自のアート世界を確立、世界的CGアーティストとして活躍している。現在、作家の関心は、進化する宇宙生命体の立体造形、ロボットの創出など多岐に拡張し続けている。ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家(1995)。2010年、米国ACM SIGGRAPH国際大会でディスティングイッシュト・アーティスト・アワード受賞。2013年、芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章受章。芸術祭では、「自己増殖型未来生物」など、科学における流体力学の計算とアートが共存するコンピュータグラフィックス作品を日立シビックセンターのプラネタリウムにて上映。
【日立市】

出展作品

グロース:テンドリル /ハイドロダイナミック:フィッコ(FICCO)

グロース:テンドリル /ハイドロダイナミック:フィッコ(FICCO)

詳細を見る