日立電輪塔

日立電輪塔 2016

日立電輪塔

和田永の《日立電輪塔》は、リズミカルに明滅するブラウン管テレビが埋め込まれたタワー型の作品です。ここにラジオを持って近づくと、テレビから発せられる電磁波のノイズをラジオが受信して、テレビの明滅と同期した音が鳴り響きます。近づいたり遠ざかったり、ラジオの種類を変えたり、チューニング・ダイヤルを回したりしながら、様々な音色を鳴らすことができます。電輪塔の先端には、象徴的に日立製のカラーテレビが祀られています。工業都市日立市で、その「ものづくり」の精神を受け継いだ、新しい電子楽器のような作品です。

作品情報

作品番号

A-07

作品名

日立電輪塔

アーティスト

Ei WADA

Photo: Mao Yamamoto

和田永 Ei WADA

詳細を見る

展示会場