看板屋なかざき

看板屋なかざき 2016

看板屋なかざき

茨城県出身の中崎透は、県北地域を幼少期に親しんだ14の地名で記憶していると言います。そこで県北芸術祭では、市町村の統廃合により消えてしまった、美和、水府、里美、金砂郷などの県北の地名地域を看板にしたインスタレーションを展開。昔から親しまれてきた土地の記憶を人々の心に蘇らせます。常陸多賀商店街の空き店舗に組み上げられたライトボックスタイプの看板は、言葉の持つイメージを増幅させ、見る人の心に特別な感興を呼び起こすでしょう。2階にも展示は続きます。

作品情報

作品番号

A-18

作品名

看板屋なかざき

アーティスト

Tohru NAKAZAKI

Photo: NAITO Masako

中崎透 Tohru NAKAZAKI

詳細を見る

展示会場