ポリプラネットカンパニー

ポリプラネットカンパニー 2016

ポリプラネットカンパニー

藤浩志は、日常生活の中で日々捨てられていくビニールやプラスチックの素材を収集して、彫刻やインスタレーション、あるいは様々な活動が発生する仕組みを作ってきました。これらの活動は1997年より7年間、自分の家庭から出るごみを一切捨てずに溜め続けるプロジェクトからの連鎖で拡がっています。この旧銀行の建物の2階で行われているのは、ビニールやプラスチック素材を使って商品開発を行う架空の会社を想定したインスタレーションです。ここには藤がこれまで集めた素材で作られた品物で構成される無販売のショップがあり、その制作工房と、訪問者がくつろぐことのできるロビーがあります。この架空の会社で提供されているものは、私たちの生活の裏側で見えなくなっている廃棄物について考え直す機会なのです。

作品情報

作品番号

A-21

作品名

ポリプラネットカンパニー

協力

かえっこ事務局

アーティスト

Hiroshi FUJI

藤浩志 Hiroshi FUJI

詳細を見る

展示会場