pearl blueの襞 ー空へ・ソラからー

pearl blueの襞 ー空へ・ソラからー 2016

pearl blueの襞 ー空へ・ソラからー

穂積家住宅の伝統的な日本庭園に集合・散在する柔らかな襞の彫刻は、陶芸家、伊藤公象によって「多軟面体」と名付けられたものです。陶磁土の塊を薄くスライスして即興的に曲げる手作業で作られた3000ピースの多軟面体は、自然界に属するものの中にまったく同一のかたちが存在しないように、それぞれ違った形状をしています。表面に塗られたパール・ブルーの釉薬により、彫刻が持つたくさんの曲面は、ふりそそぐ太陽光を乱反射させていきます。土という大地のエネルギーを内包する陶器の彫刻が、光という空からのエネルギーを周囲にまき散らす様子は、単なる「もの」の展示を超え、宇宙規模の生命の交感を感じさせます。

作品情報

作品番号

B-03

作品名

pearl blueの襞 ー空へ・ソラからー

アーティスト

Kosho ITO

伊藤公象 Kosho ITO

詳細を見る

展示会場