庭にて ー 風と森 I

庭にてー長春 2014-2016
©Satoko MASUDA, Courtesy of hino gallery

庭にて ー 風と森 I

この竜っちゃん乃湯と大子町の森林の温泉の二ケ所での展示は、同じタイトルになっています。1980年代半ばの絵画に「庭師」という言葉を使っていた増田聡子が、あらためて「庭」という言葉を持つ作品を発表したのは2014年。植物をモチーフに、ダイナミックな色の塊が有機的で謎めいた存在感を放つ絵画を描いてきました。「庭師」から「庭にて」という変化は、自身と自然との関係が管理から自然に委ねるものへとシフトしたことを物語るかのようです。この会場では、《三日月にしなって ー 橙(Daidai)》《Canary Grass ー 03》(いずれも2014)に加え、竜神峡の「しなる風」をテーマに、県北産の西の内紙に描いた新作を展示します。

作品情報

作品番号

D-02

作品名

庭にて ー 風と森 I

アーティスト

増田聡子 Satoko MASUDA

詳細を見る

展示会場