常陸佐竹市

常陸佐竹市 2016

常陸佐竹市

1936年に梅津福次郎の寄付により太田町役場として建てられ、以後常陸太田市役所を経て現在は郷土度資料館として親しまれている梅津会館。その1階が「常陸佐竹市」の市役所に変貌します。常陸太田は、源義光の流れをくむ佐竹氏が450年間拠点として治めた地。太田城跡は鯨ヶ丘北部に位置します。1602年に秋田に転封された後、水戸藩の支配下となり、佐竹氏は歴史に埋もれることになりました。深澤はこの土地の精神性を象徴する佐竹氏に注目、歴史の縦軸を結びつける試みとして「常陸佐竹市」を地域の人々とともに立ちあげました。「市役所」には、市の歴史、現代の佐竹市民の紹介に加え、アーティストが会期中人々と対話を行います。「常陸佐竹市祭」を中心に様々なイベントも開催されます。

作品情報

作品番号

D-12

作品名

常陸佐竹市

アーティスト

Takafumi FUKASAWA (Selected from open call)

Photo: 猪熊梨恵

深澤孝史(公募) Takafumi FUKASAWA (Selected from open call)

詳細を見る

展示会場