森の記憶

森の記憶 2016

森の記憶

天井には、黒く焼け焦げた小枝が膨大な数、吊られています。枝々には光が当たり、壁面には複数の枝の影が樹木の形で浮かび上がっています。枝への光が、実際には存在しない樹木をシルエットで出現させるのです。小枝自体も黒く焼かれ、シルエットに近い存在です。このインスタレーションは、幻想的な美をたたえながら、同時に人間が開発で消滅させた樹木や森の記憶へと誘います。空間内にいる人々の影もこの世界に無縁ではありません。鑑賞者も世界の一部なのです。人間と自然の関係とは何なのでしょうか?おのおのの負っている「責任」がこの作品では問われています。

作品情報

作品番号

E-16

作品名

森の記憶

アーティスト

LE Thua Tien

レ=トゥア・ティエン LE Thua Tien

詳細を見る

展示会場