干渉する浮遊体

干渉する浮遊体 2015
Photo: 水落大

干渉する浮遊体

シャボン玉は、はかなく消えるもの。そのようなイメージを打ち破る作品です。メンバーはアビルショウゴ、甲斐桜、さとうひろき、橋本次郎、菱田真史、水落大、柳澤祐磨。「ハッカソン」という方法で、彫刻家やデザイナー、建築家、音楽家、科学者、プログラマー、エンジニアなど多彩なメンバーが出会いチームを組むことで実現されました。ガラスの器の中のシャボン玉は、下まで落下することなく中空に浮遊しています。膜表面の虹色の干渉模様がたえず流動し、周囲のものが映り込み見る者を魅了してやみません。シャボン玉の動きには、音や光(映像)が呼応しています。アートと科学、工芸の創造的な出会いが、これまでにない美と体験を生み出したのです。

作品情報

作品番号

F-13

作品名

干渉する浮遊体

備考

ハッカソン

アーティスト

干渉する浮遊体(ハッカソン) Hackathon / Interfering Floating Bodies

詳細を見る

展示会場