連鎖的可能性―袋田の滝

連鎖的可能性―袋田の滝 2016

連鎖的可能性―袋田の滝

袋田の滝へ向かうトンネルに入ると、色が幻想的に変化する、うねるような形のアクリルの構造物が奥へと来場者を導きます。構造物は、滝やそれに続く滝川、久慈川の流れをモチーフとしています。トンネル内の広い空間では、うねりがダイナミックに展開し、見る側を圧倒します。袋田の滝は、約1500万年前に海底火山の爆発で噴出したマグマが固まってできたもので、多孔質の表面が複雑な水流を形成しています。1979年のトンネル開通まで、長く人々は滝川に沿うくねった小径を行き来していました。直線的に伸びるトンネルの中、ジョン・ヘリョンの作品は、自然の滝、滝に至る水の流れのダイナミズムや美しさを、アートとして私たちに体験させてくれます。

作品情報

作品番号

F-18

作品名

連鎖的可能性―袋田の滝

協力

東京スタデオ株式会社、有限会社 内藤電気工業所

アーティスト

JUNG Hye Ryun

ジョン・へリョン JUNG Hye Ryun

詳細を見る

展示会場