2016.09.17

(  Model Course  )#10

休日限定!無料の会場周遊バスで常陸大子&常陸大宮へ

  • 無料周遊バス
  • 1DAY
  • 誰とでも
  • 山側エリア
無料会場周遊バス

レポーター 無料会場周遊バス

会期中、土日祝日限定で運行される会場周遊バス(利用無料)。『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』の舞台となる各エリアの拠点駅を起点に展示作品を効率的に見て回ることができる交通手段。

田中信太郎の作品や東京藝術大学のアートプロジェクトなどが展示される常陸大子エリアから、落合陽一やザドック・ベン=デイヴィットなどの作品が展示される常陸大宮エリアへ。無料で利用できる会場周遊バスを使って、芸術祭をめぐる旅。

START

  • 08:00発 上野駅からひたち3号いわき行き 乗車
  • 09:22発 水戸駅から水郡線(郡山行)に乗り換え
  • 10:37着 常陸大子駅
  • 10:45発 常陸大子コース周遊バス 乗車
  • 12:35着 常陸大子駅着後、水郡線で常陸大宮駅へ
  • 14:00発 常陸大宮コース周遊バス 乗車
  • 17:10着 常陸大宮駅着
  • 17:22発 常陸大宮駅から水郡線(水戸行)乗車
  • 18:27発 水戸駅からひたち24号(品川行)乗車
  • 19:27着 上野駅着

GOAL

START

10:55
旧上岡小学校

会場周遊バスでめぐる『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』。まずは10:45常陸大子駅発の大子コースの会場周遊バスを利用して、旧上岡小学校へ向かいます。窓ガラスや学校設備など、かつての時代の雰囲気をそのまま味わえる旧上岡小学校は、現在映像作品などのロケ地として利用されるほか、地域住民の陶芸や絵画教室等にも活用されています。歴代の校長の肖像や児童の作品などが飾られた講堂に、静謐な世界を生み出す田中信太郎の作品をはじめ、Composit茨城デザイン振興協議会ピウス・シギット・クンチョローが手がけた、廃校という空間ならではのアートの存在感を楽しんでください。11:15発のバスに乗り次の目的地へ。

1旧上岡小学校

会場周遊バスでめぐる『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』。まずは10:45常陸大子駅発の大子コースの会場周遊バスを利用して、旧上岡小学校へ向かいます。窓ガラスや学校設備など、かつての時代の雰囲気をそのまま味わえる旧上岡小学校は、現在映像作品などのロケ地として利用されるほか、地域住民の陶芸や絵画教室等にも活用されています。歴代の校長の肖像や児童の作品などが飾られた講堂に、静謐な世界を生み出す田中信太郎の作品をはじめ、Composit茨城デザイン振興協議会ピウス・シギット・クンチョローが手がけた、廃校という空間ならではのアートの存在感を楽しんでください。11:15発のバスに乗り次の目的地へ。

11:15発のバスで移動

11:20
旧初原小学校

2つめのスポットは、東京藝術大学のアートプロジェクトが展開される旧初原小学校です。1995年に廃校し、現在は「初原ぼっちの学校」として利用されるこの空間では、東京藝術大学彫刻科やシラパコーン大学彫刻科の有志メンバーが展開する彫刻作品などを楽しめます。バスは11:40発車です。

2旧初原小学校

2つめのスポットは、東京藝術大学のアートプロジェクトが展開される旧初原小学校です。1995年に廃校し、現在は「初原ぼっちの学校」として利用されるこの空間では、東京藝術大学彫刻科やシラパコーン大学彫刻科の有志メンバーが展開する彫刻作品などを楽しめます。バスは11:40発車です。

11:40発のバスで移動

11:45
奥久慈茶の里公園

会場周遊バス「常陸大子コース」の3カ所目は、奥久慈茶の里公園。緑豊かな山々を背景に広がる園内では、本格的な茶室での抹茶・煎茶体験や茶摘み・お茶の手もみ体験などを楽しめます。こちらも旧初原小学校同様、東京藝術大学のアートプロジェクトの舞台となっているため、彫刻作品やワークショップによって生まれたアートなどの展示が行われています。12:05発のバスに乗り常陸大子駅へ戻ります。

3奥久慈茶の里公園

会場周遊バス「常陸大子コース」の3カ所目は、奥久慈茶の里公園。緑豊かな山々を背景に広がる園内では、本格的な茶室での抹茶・煎茶体験や茶摘み・お茶の手もみ体験などを楽しめます。こちらも旧初原小学校同様、東京藝術大学のアートプロジェクトの舞台となっているため、彫刻作品やワークショップによって生まれたアートなどの展示が行われています。12:05発のバスに乗り常陸大子駅へ戻ります。

12:05発のバスで常陸大子駅へ。
「常陸大子コース」の起点となる常陸大子駅に帰着したら、次の会場周遊バス「常陸大宮コース」に乗るために、常陸大宮駅へ移動します。
12時35分に常陸大子駅から水郡線(水戸行き)に乗車すれば、13時14分に常陸大宮駅に到着。ランチを済ませて、14時に常陸大宮駅を出発する会場周遊バスに乗り込んでください。

14:30
旧美和中学校

「常陸大宮コース」で訪れる最初のスポットは、2015年3月に廃校となった旧美和中学校。この場所には、最先端の科学技術とアートの融合によってリアルとヴァーチャルが重ねられ、はかなくも不思議な世界を実現する落合陽一の作品をはじめ、Sound of TapBoard津田翔平CALAR.ink鈴木浩之+大木真人イザベル・デジューmagma村上史明山本美希などの作品が。かつての生徒たちの学校生活の残り香が今も感じられる空間に展示される、多彩なアートを楽しめます。15:10発のバスで次の目的地へ。

4旧美和中学校

「常陸大宮コース」で訪れる最初のスポットは、2015年3月に廃校となった旧美和中学校。この場所には、最先端の科学技術とアートの融合によってリアルとヴァーチャルが重ねられ、はかなくも不思議な世界を実現する落合陽一の作品をはじめ、Sound of TapBoard津田翔平CALAR.ink鈴木浩之+大木真人イザベル・デジューmagma村上史明山本美希などの作品が。かつての生徒たちの学校生活の残り香が今も感じられる空間に展示される、多彩なアートを楽しめます。15:10発のバスで次の目的地へ。

15:10発のバスで移動

15:35
旧家和楽青少年の家

続いては、体験学習、スポーツ、宿泊等で利用されてきた旧家和楽青少年の家へ。大きな吹き抜けが印象的な空間には、約27,000本もの繊細な金属製の草花の切り抜きで構成されたザドック・ベン=デイヴィッドの作品をはじめ、ワン・テユタワッシャイ・プンサワッマシュー・ジェンセンの作品が並んでいます。16:05発のバスに乗り道の駅へ。

5旧家和楽青少年の家

続いては、体験学習、スポーツ、宿泊等で利用されてきた旧家和楽青少年の家へ。大きな吹き抜けが印象的な空間には、約27,000本もの繊細な金属製の草花の切り抜きで構成されたザドック・ベン=デイヴィッドの作品をはじめ、ワン・テユタワッシャイ・プンサワッマシュー・ジェンセンの作品が並んでいます。16:05発のバスに乗り道の駅へ。

16:05発のバスで移動

16:15
道の駅 常陸大宮 かわプラザ

次の目的地は、国道118号沿いに位置する道の駅 常陸大宮 かわプラザ。平成28年3月25日にオープンしたばかりの道の駅は、癒しと和みを感じられる素朴な里山の風景が魅力です。道の駅の展望デッキの一角に登場した塩谷良太の冬期の彫刻群は、悠久の流れによって丸みを帯びた川底の石のように、サイズも色も質感も様々。作品には直接触れることもできるので、陶器ならではの触感をじっくり味わってください。バスは16:30発車です。

6道の駅 常陸大宮 かわプラザ

次の目的地は、国道118号沿いに位置する道の駅 常陸大宮 かわプラザ。平成28年3月25日にオープンしたばかりの道の駅は、癒しと和みを感じられる素朴な里山の風景が魅力です。道の駅の展望デッキの一角に登場した塩谷良太の冬期の彫刻群は、悠久の流れによって丸みを帯びた川底の石のように、サイズも色も質感も様々。作品には直接触れることもできるので、陶器ならではの触感をじっくり味わってください。バスは16:30発車です。

16:30発のバスで移動

16:45
石沢地区空き店舗

「常陸大宮コース」最後のスポットとなるのが、石沢地区空き店舗。かつて衣料品店やゲームセンターとして利用されていたノスタルジックな空間を舞台に展示されるのは、ミヒャエル・ボイトラーの遊び心に満ちた大空間展示をはじめ、=トゥア・ティエンのインスタレーションや内海聖史の巨大な絵画です。17:00発のバスで常陸大宮駅に帰ります。

7石沢地区空き店舗

「常陸大宮コース」最後のスポットとなるのが、石沢地区空き店舗。かつて衣料品店やゲームセンターとして利用されていたノスタルジックな空間を舞台に展示されるのは、ミヒャエル・ボイトラーの遊び心に満ちた大空間展示をはじめ、=トゥア・ティエンのインスタレーションや内海聖史の巨大な絵画です。17:00発のバスで常陸大宮駅に帰ります。

無料会場周遊バス
会場周遊バスについて

 

この会場の周遊バス時刻表はこちらです。
大子町
常陸大宮市

 

茨城県北芸術祭の展示会場の地図のほか、路線バスやタクシーレンタカーの情報など、茨城県北芸術祭を訪ねるのに必携のアクセスガイドとなっています。会場を回る計画を立てる際に是非ご活用ください。

同じエリアのモデルコース

06

専用バスで行く!“山側”アートダイジェスト

ダイジェストツアー

レポーター ダイジェストツアー

茨城県北6市町の広大な大地を舞台に開催される『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』。会期中3コースが催行されるダイジェストツアーでは、専用のバスに乗って各エリアの見どころや作品を効率的にめぐることができます!

水戸駅を起点に、常陸大宮から常陸大子へと向かう、ダイジェストツアー「じっくり山コース」。ミヒャエル・ボイトラーやレ=トゥア・ティエンの作品の舞台となる石沢地区空き店舗や、落合陽一やSound of TapBoard(ハッカソン)の作品が展示される旧美和中学校、ジョン・ヘリョンの作品を楽しめる袋田の滝などをめぐる、アートな1Dayバストリップへ。

  • ダイジェストツアー
  • 1DAY
  • 誰とでも
  • 山側エリア

13

1泊2日でアートと温泉を巡る、のんびり家族旅行。

オフィシャルデザイナー 岡本健

レポーター オフィシャルデザイナー 岡本健

グラフィックデザイナー。1983年群馬県生まれ。千葉大学文学部行動科学科にて心理学を専攻、研究の一環で調べたグラフィックデザインに興味を持ち、方向転換。卒業後、数社のデザイン事務所にて実務経験を積み、株式会社ヴォル、株式会社佐藤卓デザイン事務所を経て独立(2013)。2015年より株式会社 岡本 健デザイン事務所を設立。2016年、多摩美術大学統合デザイン科非常勤講師を兼務。

水戸から北上し、一泊二日の”山側”周遊。3歳児と0歳児を連れた家族旅行は、のんびりと作品を巡りながら、食事や温泉も楽しむマイペースな旅。子供も一緒に楽しめる作品などを中心とした「子連れKENPOKU」モデルコースを紹介します!

  • 温泉
  • 2DAYS
  • 家族
  • 山側エリア