2016.06.23

(  Model Course  )#2

県北“山側”アートトリップ

  • アート
  • 1DAY
  • 一人旅
  • 山側エリア
林 千晶

レポーター 林 千晶

ロフトワーク共同代表。クリエイティブエージェンシーとして、Web、コミュニティ、空間、建築など、領域にとらわれずに価値創造のプロジェクトを手がける。また台湾、スペイン、フランスなど世界5カ国に展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」や、地域素材を揃えて新しいデザインプロセスを提案するコワーキング空間「MTRL(マテリアル)」なども運営。

常陸太田市から常陸大宮市を経て、大子町へ。県北の“山側”に点在するアート作品をめぐるモデルコースをご紹介!ノスタルジックな町並みと、豊かな森、美しい清流を舞台に展示される、個性豊かなアートをめぐる旅へ。

START

  • 10:00 鯨ヶ丘商店街・梅津会館
  • 11:15 旧常陸太田市自然休養村管理センター
  • 12:15 道の駅常陸大宮かわプラザ
  • 13:35 旧家和楽青少年の家
  • 14:45 旧上岡小学校
  • 15:25 常陸大子駅前商店街
  • 16:40 袋田の滝

GOAL

START

10:00
鯨ヶ丘地区・梅津会館

常陸太田市の旧市街地・鯨ヶ丘には、当時の繁栄を偲ばせる歴史的な建物が立ち並んでいます。その中のひとつ、梅津会館では、ニパン・オラニウェーが地図をモチーフにした精巧な作品を展示します。また、原高史や北澤潤らは地域の人々とのコミュニケーションを取りながら作品やプロジェクトを展開し、どこか懐かしい面影を残した鯨ヶ丘の街並みに新たな息吹を吹き込みます。作品だけでなく街歩きも楽しめるエリアです。

1鯨ヶ丘地区・梅津会館

常陸太田市の旧市街地・鯨ヶ丘には、当時の繁栄を偲ばせる歴史的な建物が立ち並んでいます。その中のひとつ、梅津会館では、ニパン・オラニウェーが地図をモチーフにした精巧な作品を展示します。また、原高史や北澤潤らは地域の人々とのコミュニケーションを取りながら作品やプロジェクトを展開し、どこか懐かしい面影を残した鯨ヶ丘の街並みに新たな息吹を吹き込みます。作品だけでなく街歩きも楽しめるエリアです。

自動車で約15分

11:15
旧常陸太田市自然休養村管理センター

森に囲まれた小高い丘の上にあるこの建物を舞台に、オロン・カッツ、BCLら6組のアーティストがバイオアートやインスタレーション作品を展開します。生物や植物、土壌、DNA、人工細胞などがどのようにアートと結びつくのか?先端的なアート表現に、私たちの自然や生命に関する認識が揺さぶられます。

2旧常陸太田市自然休養村管理センター

森に囲まれた小高い丘の上にあるこの建物を舞台に、オロン・カッツ、BCLら6組のアーティストがバイオアートやインスタレーション作品を展開します。生物や植物、土壌、DNA、人工細胞などがどのようにアートと結びつくのか?先端的なアート表現に、私たちの自然や生命に関する認識が揺さぶられます。

自動車で約40分

12:15
道の駅常陸大宮かわプラザ

道の駅常陸大宮は「かわプラザ」の愛称のとおり、久慈川沿いに今年春にオープンした施設で、新鮮な農産物を扱う直売所や地元の食材を使ったレストランなどの充実した施設に加え、芸術祭期間中はインフォメーションセンターにもなっています。久慈川を望むデッキには塩谷良太の彫刻作品が展示され、清流のゆったりした流れとアートを一緒に楽しむことができます。

3道の駅常陸大宮かわプラザ

道の駅常陸大宮は「かわプラザ」の愛称のとおり、久慈川沿いに今年春にオープンした施設で、新鮮な農産物を扱う直売所や地元の食材を使ったレストランなどの充実した施設に加え、芸術祭期間中はインフォメーションセンターにもなっています。久慈川を望むデッキには塩谷良太の彫刻作品が展示され、清流のゆったりした流れとアートを一緒に楽しむことができます。

自動車で約20分

13:35
旧家和楽青少年の家

久慈川の清流と山々に囲まれた自然豊かで静かな場所です。青少年の研修宿泊施設だった本館にはワン・テユの巨大なバルーンの作品が。体育館の中にはザドック・ベン=デイヴィッドの植物の精緻なミニチュア・シルエットが広がり、見る角度によって全く違った世界が現れます。作品鑑賞のあとは久慈川の河畔まで散策してみるのもいいですね。

4旧家和楽青少年の家

久慈川の清流と山々に囲まれた自然豊かで静かな場所です。青少年の研修宿泊施設だった本館にはワン・テユの巨大なバルーンの作品が。体育館の中にはザドック・ベン=デイヴィッドの植物の精緻なミニチュア・シルエットが広がり、見る角度によって全く違った世界が現れます。作品鑑賞のあとは久慈川の河畔まで散策してみるのもいいですね。

自動車で45分

14:45
旧上岡小学校

明治時代に建てられ、映画のロケ地などにも使われている木造の校舎は、地元保存会の皆さんによって維持管理されています。ここでは茨城デザイン振興協議会による地域との協働プロジェクトが展開されるほか、田中信太郎が彫刻作品を展示。卒業生たちの思い出を刻んできた教室の中で、時間がゆっくりと過ぎていきます。

5旧上岡小学校

明治時代に建てられ、映画のロケ地などにも使われている木造の校舎は、地元保存会の皆さんによって維持管理されています。ここでは茨城デザイン振興協議会による地域との協働プロジェクトが展開されるほか、田中信太郎が彫刻作品を展示。卒業生たちの思い出を刻んできた教室の中で、時間がゆっくりと過ぎていきます。

自動車で約15分

15:25
常陸大子駅前商店街

駅から歩いてすぐの商店街には昔ながらのお店が並び、どことなく昭和レトロな雰囲気が残っています。この趣ある佇まいの街並みを舞台に、東京藝術大学がアートプロジェクト「藝大子」を展開するほか、漆の館「麗潤館」や空き店舗などで、10組のアーティストが地域の人々の営みに寄り添った作品を展示します。駅前「まいん」の観光案内所は芸術祭のインフォメーションセンターにもなります。

6常陸大子駅前商店街

駅から歩いてすぐの商店街には昔ながらのお店が並び、どことなく昭和レトロな雰囲気が残っています。この趣ある佇まいの街並みを舞台に、東京藝術大学がアートプロジェクト「藝大子」を展開するほか、漆の館「麗潤館」や空き店舗などで、10組のアーティストが地域の人々の営みに寄り添った作品を展示します。駅前「まいん」の観光案内所は芸術祭のインフォメーションセンターにもなります。

自動車で約15分

16:40
袋田の滝

日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」は、茨城県が誇る観光名所です。四季折々の変化が楽しめますが、特に秋には紅葉・黄葉に彩られた山肌と、四段に落下する滝の流れのコントラストが見事です。滝に向かうトンネルの中では、ジョン・ヘリョンによる滝や川の流れをモチーフにした光るインスタレーションが展示され、滝の魅力をさらに引き立てます。

7袋田の滝

日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」は、茨城県が誇る観光名所です。四季折々の変化が楽しめますが、特に秋には紅葉・黄葉に彩られた山肌と、四段に落下する滝の流れのコントラストが見事です。滝に向かうトンネルの中では、ジョン・ヘリョンによる滝や川の流れをモチーフにした光るインスタレーションが展示され、滝の魅力をさらに引き立てます。

林 千晶
旅を振り返って

 

常陸太田市の「鯨ヶ丘地区・梅津会館」を起点に「道の駅常陸大宮かわプラザ」や「常陸大子駅前商店街」、「袋田の滝」などをめぐるアートトリップ。県北地域を北上して行くほどに深まっていく周囲の自然が印象的でした。茨城県北芸術祭期間中は「地元の人でも知らない」場所や地域の魅力を知るチャンス。ぜひゆったりとしたペースで県北“山側”をめぐってください!

同じエリアのモデルコース

06

1泊2日でアートと温泉を巡る、のんびり家族旅行。

オフィシャルデザイナー 岡本健

レポーター オフィシャルデザイナー 岡本健

グラフィックデザイナー。1983年群馬県生まれ。千葉大学文学部行動科学科にて心理学を専攻、研究の一環で調べたグラフィックデザインに興味を持ち、方向転換。卒業後、数社のデザイン事務所にて実務経験を積み、株式会社ヴォル、株式会社佐藤卓デザイン事務所を経て独立(2013)。2015年より株式会社 岡本 健デザイン事務所を設立。2016年、多摩美術大学統合デザイン科非常勤講師を兼務。

水戸から北上し、一泊二日の”山側”周遊。3歳児と0歳児を連れた家族旅行は、のんびりと作品を巡りながら、食事や温泉も楽しむマイペースな旅。子供も一緒に楽しめる作品などを中心とした「子連れKENPOKU」モデルコースを紹介します!

  • 温泉
  • 2DAYS
  • 家族
  • 山側エリア

08

紅葉×アート×茨城の日本一!を巡る、家族ドライブへ。

吉原徹

レポーター 吉原徹

ライター/編集者。1977年大阪府生まれ。大学時代に旅の面白さに魅了され、以来、世界7大陸60ほどの国と地域を取材。年間100日ほどを国内外の旅に費やし、機内誌や雑誌、Web媒体などに執筆する。妻は茨城県出身。二児の父。

常陸太田から奥日立を経由して、大子町へ。県北山側で出合ったのは、紅葉の山里と多彩なアート、そして県北に点在する「実はすごい!」スポットの数々だった。国内&海外を飛び回る旅ライターが、家族と一緒に楽しんだ1dayドライブ!

  • 紅葉
  • 1DAY
  • 家族
  • 山側エリア