サポーターセッション 〜私のKENPOKU宣言!〜

開催概要

日時
【山側】11/23(木・祝)11:00〜15:00(10:30開場)
【海側】11/25(土)10:30〜14:30(10:00開場)
場所
【山側】11/23(木・祝):里山ホテル ときわ路(常陸太田市増井町1800)
【海側】11/25(土):うのしまヴィラ(日立市東滑川町5-10-1)
参加費
500円(軽食付き)※定員各50名

※受付は終了いたしました。

サポーターセッション 〜私のKENPOKU宣言!〜

これまでKENPOKU ART 茨城県北芸術祭のサポーターに携わってこられた方々、これからサポーターとして地域や芸術祭を盛り上げていきたい方などが一堂に会して、総合ディレクターの南條史生やアーティストとともに、参加者との意見交換や交流会を開催いたします。皆さまのご参加をお待ちしています!

 

山側会場ゲスト:原高史
海側会場ゲスト:力石咲

主なプログラム

  • 南條史生(茨城県北芸術祭総合ディレクター)と2016年芸術祭参加アーティストによるトーク
  • 2016年開催時を振り返っての思い出などの意見交換
  • 今後に向けて、地域の魅力的な場所や人、体験などについてのディスカッション

南條史生 茨城県北芸術祭 総合ディレクター

image01

1949年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部、文学部哲学科美学美術史学選考卒業。数多くの国際芸術祭のディレクションを担当。ヴェネチア・ビエンナーレ日本館(1997)等のほか、台北ビエンナーレ(1998)、横浜トリエンナーレ2001、シンガポール・ビエンナーレ(2006,2008)、茨城県北芸術祭(2016)、ホノルル・ビエンナーレ(2017)では、その立ち上げにも関わった。

原高史

Thumbnail__DA_1211

1968年東京都生まれ/在住。現代美術家、東北芸術工科大学グラフィック学科 教授。主な活動に、地域の人々とのコミュニケーションを通して得た「ことば」をイラストと共にカラーパネルに描き、家々の窓の形に沿って貼るプロジェクト「Signs of Memory」や、言葉と絵を組み合わせた絵画シリーズ「pocketbook」など。芸術祭では「Signs of Memory」を常陸太田市の鯨ヶ丘商店街で実施した。

力石咲

Thumbnail_力石咲(Saki-Chikaraishi)_photo土田和彦

1982年埼玉県生まれ/東京都在住。2004年、多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業。ニット・インベーダーとして世界を編み包むプロジェクトをスタートし、屋内外の公共空間へとニットが拡張、点在していくインスタレーションへと展開。人と街との、より密接なコミュニケーションの形成に興味を持ち、編み物をコミュニケーションメディアとして活用している。芸術祭では、日立市常陸多賀駅前の商店街各地でニットインベージョン(侵略)を行った。

お申し込みについて

参加ご希望の方は、ページ上部のお申し込みフォームからお申し込みください。*申込締切:11月14日(火)

※各回50人程度の定員となります。お申込み多数の場合は抽選とさせていただきますこと、ご了承ください。
抽選の場合の結果発表は、11月15日頃にご連絡をいたします。

※参加者の方々には別途、詳細をご案内いたします。

※プログラム中の様子を記録撮影いたします。
記録物は、今後、広報媒体等に掲載させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

 

[主催]茨城県北芸術祭実行委員会

[お問い合わせ先]茨城県北芸術祭実行委員会事務局(茨城県企画部県北振興課内)

[TEL.]029-301-2727

[FAX]029-301-2738

[Email]supporter@kenpoku-art.jp

芸術祭サポーター随時募集中!

アーティストの作品制作や作品展示会場の運営、イベントの運営などへの参加を通して、ともに茨城県北芸術祭を作っていく「サポーター」を募集しています。ぜひ一緒に活動しませんか? 詳しい応募方法等は、こちらからご確認ください。

関連アーティスト

Takafumi HARA

原高史

Saki CHIKARAISHI

力石咲