原高史【鯨ヶ丘の小さな声プロジェクト】作品展示

開催概要

日時
【展示】9/30(日)-11/25(日)
場所
【展示】鯨ヶ丘商店街
参加費
無料

常陸太田市では、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭で生まれた気運を活かし、地域とアーティストが共に創造し、人と人との関わり、縁(えにし)を表現していくプロジェクトが進行しています。アーティストは前回芸術祭において鯨ヶ丘のまちなかに展示され話題となった「サインズ オブ メモリー 2016:鯨ヶ丘のピンクの窓」の作者である、原高史さんです。地域の方々から寄せられた特徴的な言葉を選び出し、言葉でまちを飾る標識・看板を新たに制作し、街灯に展示しています。オリジナルマップを片手にまち歩きをしながら、この地域の過去・現在・未来を感じる作品をぜひお楽しみください。

Meets KENPOKU 鯨ヶ丘の小さな声 アートとデザインで街づくり

gazou

<作品展示期間>

9月30日(日)-11月25日(日)

鯨ヶ丘のまちなかに作品が展示されます。

※展示は予告なく終了する場合があります。

プロジェクト公式Facebookページはこちら

プロジェクトの活動報告から今後の予定まで、最新情報を発信しています。

<お問い合わせ>

常陸太田市企画課 担当:田辺・安島・森田

TEL:0294-72-3111(内線311、312)

MAIL:kikaku1@city.hitachiota.lg.jp

Facebookページ

関連アーティスト

Takafumi HARA

原高史