やくしまるえつこがバイオテクノロジーを用いて制作した新曲『わたしは人類』配信スタート、楽曲をゲノムに組み込んだ遺伝子組換え微生物も展示

Created with GIMP on a Mac

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭のテーマソングでもある、やくしまるえつこの新曲『わたしは人類』がApple Music & iTunes Storeにて本日16日から先行配信スタートしました!
この楽曲はバイオテクノロジーを用いて制作され、音源と微生物の形で発表され、実際にこの楽曲をDNAに暗号化して組み込んだ遺伝子組換え微生物も培養・展示されます。
バイオテクノロジーを用いて制作した楽曲を国際芸術祭のテーマソングとし、更にポップミュージックとして流通させ、微生物そのものも音楽作品として展示する、この試みは世界初となり、国内でも初めて経済産業大臣から大臣認可を受けた作品となります。

 

『わたしは人類』のコンセプトは「人類滅亡後の音楽」。古来より伝達と記録によって継続されてきた人類の歴史。そして同じく伝達と記録、また、変容と拡散の歴史の中にある音楽。その関係性と、遺伝子とDNAとの関係性の類似に着目し、いつか人類が滅んだとしても、新たな生命体が記録/DNAを読み解いて奏で、歴史をつなぐことのできる音楽として『わたしは人類』は遺伝子組換え技術を用いて制作されました。

 

「KENPOKU ART」が開催される茨城県北地域は自然と科学の深い結びつきを持ち、海と山には、古くかららん藻(シアノバクテリア)が生息しています。やくしまるえつこは、このシアノバクテリアの一種である微生物「シネココッカス」の塩基配列を組み込んだ楽曲を制作、さらにその楽曲情報をコドン変換し、DNAを人工合成してこの微生物の染色体に組み込み、楽曲そのものはもとより、この遺伝子組換え微生物そのものを『わたしは人類』として発表しました。
制作された音楽をDNA情報にもつ遺伝子組換え微生物は自己複製し続けることが可能なため、最強にして最長の音楽記録媒体、歴史に類を見ない流通形態となります。

 

この”音源”と”遺伝子組換え微生物”の形で発表する作品『わたしは人類』の微生物と、『わたしは人類』の世界観とリンクするやくしまるの楽曲『ロンリープラネット』を染色体に組み込んだ微生物の展示も行われます。渋谷道玄坂・FabCafeに本日16日からオープンするバイオラボにて、2016年9月16日から9月30日まで『ロンリープラネット』の微生物、11月10日から11月20日まで『わたしは人類』の微生物を実際に見ることができます。

やくしまるえつこ KENPOKU ART 2016 公式テーマソング 『わたしは人類』 ステートメント

 

「人類滅亡後の音楽」

 

人類は古来より伝達と記録によってその歴史を継続させてきた。
そして音楽の歴史もまた、伝達と記録、ひいては変容と拡散の中にある。

 

歌われ/奏でられた音楽は、口承で/楽譜で/ラジオで/レコードやCDで/クラウドで、他者に伝えられ/複製され/演奏され、その過程で変異を発生させながら時空を超えて拡散する。
音楽とメディアの深いかかわりは、伝達と記録の関係性であり、それは遺伝子とDNAであるとも言える。

 

「KENPOKU ART」が開催される茨城県北地域には自然と科学の深い結びつきがあり、それは人間のユニークな創造性によって深められ、多くのエネルギーを生んできた。
自然とともに科学技術を発展させることは、自然のもつ記録/DNAを読み解き、その意味する情報/遺伝子を人間ならではの科学技術や芸術に置き換えて伝えていくことでもある。そしてそのさいに発生する/させる変異には大きな生命力――存続のためのエネルギー――が宿る。

 

このように様々なエネルギーをもつこの地の海と山には、古くかららん藻(シアノバクテリア)が生息している。
このシアノバクテリアの一種である微生物「シネココッカス」の塩基配列を組み込んだ楽曲を制作し、さらにその楽曲情報をコドン変換し、DNAを人工合成してこの微生物の染色体に組み込む。楽曲そのものはもとより、この遺伝子組換え微生物そのものを「KENPOKU ART」のテーマソングとし、新しい音楽――伝達と記録、変容と拡散――の形を探る試みである。

 

この音楽をDNA情報にもつ遺伝子組換え微生物は自己複製し続けることが可能である。いつか人類が滅んだとしても、人類に代わる新たな生命体がまたその記録を読み解き、音楽を奏で、歴史をつなぐことになるだろう。

 

やくしまるえつこ

また、この『わたしは人類』は微生物を音楽作品として発表・展示する試みとして、経済産業大臣から日本初の大臣認可を受けた作品となり、経済産業省、NITE バイオテクノロジーセンター、首都大学東京教授らからコメントが寄せられています。

「近年、バイオテクノロジーは著しい進化を遂げ、健康・医療分野のみならず、工業分野、農業分野を含め、経済・社会の変革の大きな推進力となりつつあります。この度、やくしまるえつこさんが制作した茨城県北芸術祭のテーマソングの楽曲情報をDNAに組み込んだ遺伝子組換え微生物は、今までになかった音楽とバイオテクノロジーの融合を実現させ、新たな可能性を導き出しました。このような取組みによってバイオ産業がさらに飛躍していくことを期待いたします。」

 

経済産業省商務情報政策局生物化学産業課 課長 西村秀隆

「この度、DNA情報に音楽をもつ微生物という今までに例のない作品を生み出すお手伝いができました。微生物と音楽の融合という新たな文化の幕開けに立ち会えたことを大変うれしく思い、今後のご発展を祈念いたします。」

 

独立行政法人製品評価技術基盤機構バイオテクノロジーセンター 所長 木井保夫

「茨城県北芸術祭において、アーティストのやくしまるえつこさんが自ら作曲した楽曲をDNA配列に変換して、シアノバクテリアという光合成細菌のゲノムの中に組み込むというアートを行う。世界で初めて、コード(和音)をDNAにコード(暗号)化し、シアノバクテリアの中に記録するというコンセプトは、その斬新さだけではなく、驚くほど長い寿命を持つDNAを記録媒体として用いるという点において、生物学的のみならず情報工学的な見地からも大変に興味深いと言えよう。シアノバクテリアのゲノムに組み込まれた彼女の楽曲情報は、その生物の増殖に伴って複製され、遙か未来へ連綿と受け継がれていく。おそらく今から数千万年後、人類が滅びた後の地球にもその情報は存在することになるのだろう。それは〈悠久の時を超える音楽〉という壮大なアート作品なのである。人類滅亡後、ポスト・ヒューマンが支配する未来の地球の片隅で〈音楽を組み込んだシアノバクテリア〉がひっそりと光合成をしているさまを思い浮かべるだけで、心が震えてしまうのは私ばかりではないはずだ。」

 

首都大学東京 教授 花田智

やくしまるえつこ『わたしは人類』

 

Apple Music / iTunes Store にて先行配信中

iTunes Store

Apple Music

 

やくしまるえつこ『わたしは人類』展示

展示日時:第一期 /9月16日(金)~9月30日(13:00-18:00) 第二期 / 11月10日(木)~11月20日(日)(13:00-18:00)

展示内容:やくしまるえつこの楽曲を組み込んだ遺伝子組換え微生物作品の展示

第一期『ロンリープラネット』/第二期『わたしは人類』

入場料:無料

場所:FabCafe Tokyo 店頭にて案内(〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目22-7 道玄坂ピア1F)