津田翔平ワークショップ「山のようなもの」を作る

市町アートイベントのお知らせ

常陸大宮市ではアートを活かしたまちづくりの一環として,KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭に参加したアーティスト津田翔平氏のワークショップを開催します。身近な素材を使い,参加者全員で大きな「山のようなもの」を作り,常陸大宮市の雄大な自然,山や川,空を表現します。ワークショップで制作された作品は,その後,道の駅 常陸大宮 かわプラザにて展示される予定です。みなさま是非ご参加ください。

  • 表
  • 裏

【ワークショップ】

●日 時 平成29年11月19日(日)13:30~15:00 (13:00開場)

●会 場 旧美和中学校 体育館(茨城県常陸大宮市高部454)

●定 員 50人(要申込み。申し込みが定員に満たない場合は当日参加可)

●対 象 小学生から大人まで

●参加料 無料

●服 装 動きやすく,汚れてもいい服装

●申込み

[メール]件名を「津田翔平ワークショップ」とし,お名前,性別,年齢,住所,電話番号,メールアドレスをsousei@city.hitachiomiya.lg.jpまでお送りください。

[FAX]こちらの用紙下部に必要事項を記入の上,0295-53-6010までお申し込みください。

●申込期限 平成29年11月10日(金)

 

【作品展示】

●日 時 平成29年11月25日(土)~12月3日(日)9:00~18:00

●会 場 道の駅 常陸大宮 かわプラザ(茨城県常陸大宮市岩崎717-1)

 

【問合せ先】

常陸大宮市地域創生課  TEL:0295-52-1111(内線385)

常陸大宮市公式HPはこちら

チラシはこちら(PDF:9MB)

 

Thumbnail_SSSSS

津田翔平氏プロフィール

1986年東京都生まれ/茨城県在住。美術家,実験建築家,グラフィックデザイナー。空間における個人の存在を探求する実験や,既にそこに在る事象を志向/拡張することで意識と無意識を反転させる作家。多次元空間を紡ぎだすかの様に制作された作品群には,一貫して解体/測量/再構築といわれる建築的要素が含まれている。表現方法は,建築・インスタレーション・絵画・彫刻・映像・音楽・ライブパフォーマンス・グラフィックデザイン等多岐にわたる。

津田翔平公式HPはこちら